東海大学 現代教養センター 田中彰吾研究室

業績

単著

田中彰吾『生きられた〈私〉をもとめて――身体・意識・他者』北大路書房,2017年

田中彰吾『<意味のある偶然の一致>の現象学――ユング理論の再検討を中心に』関西学院大学出版会,2005年

共著

論文

  • Yochai Ataria, & Shogo Tanaka (2020). When body image takes over the body schema: The case of Franz Fanon. Human Studies, online first, 1-13.
  • 田中彰吾 (2020).「元型的心理学と現象学――「星の魔術」へのコメント」『立正大学哲学会紀要』第36号,19-26.
  • 田中彰吾 (2020).「自己と他者を区別する」『心理学ワールド』第90号,13-16.
  • 田中彰吾 (2020).「身体性哲学からみたeスポーツ」『体育の科学』第70巻第3号,190-194.
  • 田中彰吾・浅井智久・金山範明・今泉修・弘光健太郎 (2019).「心身脳問題-からだを巡る冒険」『心理学研究』,第90巻第5号,pp. 518-537.
  • 田中彰吾 (2019).「対話する身体――生きた経験」『臨床心理学』第19巻第5号,529-532.
  • 田中彰吾 (2019).「脳の生態学」『こころの科学とエピステモロジー』第1号,1-4.
  • 田中彰吾 (2019). 「プロジェクション科学における身体の役割-身体錯覚を再考する」『認知科学』,第26巻第1号,pp. 140-151.
  • Shogo Tanaka. (2018). Bodily basis of the diverse modes of the self. Human Arenas, 1, 223-230.
  • Shogo Tanaka. (2018). What is it like to be disconnected from the body?: A phenomenological account of disembodiment in depersonalization/derealization disorder. Journal of Consciousness Studies, 25, 239-263.
  • Shogo Tanaka. (2017). The body as the intersection between individuality and collectivity. Civilizations, Special Issue 2017, 128-139.
  • Shogo Tanaka. (2017). Intercorporeality and aida: Developing an interaction theory of social cognition. Theory & Psychology, 27, pp.337-353.
  • 田中彰吾 (2016).「拡張した心を超えて」『人体科学』第25巻第1号,77-80.
  • 田中彰吾 (2015).「復興のランドスケープ-東日本大震災後の防潮堤建設を再考する」『文明』(東海大学文明研究所),第20号,pp. 81-90.
  • Shogo Tanaka. (2015). Reconsidering the self in Japanese culture from an embodied perspective. 『文明』(東海大学文明研究所)第20号,35-39.
  • Shogo Tanaka. (2015). Intercorporeality as a theory of social cognition. Theory & Psychology, 25, 455-472.
  • Shogo Tanaka. (2015). Social understanding as a creation: Intercorporeality and aida. 『東海大学総合教育センター紀要』第35号合教育センター,49-58.
  • Shogo Tanaka. (2014). Creation between two minded-bodies. Academic Quarter, 9, 265-276.
  • Shogo Tanaka. (2013). The notion of embodied knowledge and its range. Encyclopaideia: Journal of Phenomenology and Education, 37, 47-66.
  • 田中彰吾 (2013).「運動学習におけるコツと身体図式の機能」『バイオメカニズム学会誌』第37巻第4号,pp.207-212.
  • 田中彰吾 (2013).「知の主体としての身体」『体育科教育』第61巻第9号(大修館書店),10-13.
  • 釜崎太・田中彰吾・生田久美子・樋口聡 (2013)「身体知研究の現在:身体教育の可能性を探る」『体育哲学研究』第43号,73-82.
  • 田中彰吾 (2013).「即興的な描画を用いた非言語的コミュニケーションに関する予備調査」『東海大学総合教育センター紀要』第33号,27-43.
  • Shogo Tanaka & Masahiro Tamachi. (2013). A phenomenological view of the theory of mind. 『東海大学総合教育センター紀要』第33号,93-100.
  • Shogo Tanaka. (2013). The notion of intercorporeality and its psychology. 『東海大学総合教育センター紀要』第33号,101-109.
  • 田中彰吾 (2012).「描画コミュニケーション実習に関する予備調査:実験のデザインに向けて」『日本認知科学会第29回大会発表論文集』,612-621.
  • 田中彰吾 (2011).「生きられる空間」『学校空間の研究』第3号(岩間教育科学文化研究所), 6-12.
  • 田中彰吾 (2011).「身体イメージの哲学」『臨床神経科学』第29巻第8号,868-871.
  • 田中彰吾 (2011).「身体知としてのアフォーダンスと学校空間論」『学校空間の研究』第1号(岩間教育科学文化研究所),5-9.
  • 田中彰吾・小河原慶太 (2010).「身体知の形成-ボールジャグリングの学習過程」『人体科学』第19巻第1号,69-82.
  • 田中彰吾 (2009).「心理的身体と身体知-身体図式を再考する」『人体科学』第18巻第1号, 1-12.
  • 田中彰吾 (2008).「空間象徴の理論的基礎づけ-身体性の観点から」『東海大学総合教育センター紀要』第29号,1-14.
  • 田中彰吾 (2006).「シンクロニシティの記号論-ユング理論の新たな展開」『人体科学』第15巻第2号,15-23.
  • 田中彰吾 (2005).「科学的世界観の問題性-フッサール現象学を手がかりに」『東海大学開発工学部紀要』第15号,7-14.
  • 田中彰吾 (2002).「現代思想としてのトランスパーソナル-ポストモダニズムを超えるケン・ウィルバー」『トランスパーソナル心理学/精神医学』第3巻第1号,64-68.
  • 田中彰吾・湯浅泰雄 (2001).「身体図式からイマジナル・ボディへ」『人体科学』第10巻第1号,21-29.
  • 田中彰吾 (2001).「変性意識と身体-<変容する知覚>の現象学」『トランスパーソナル心理学/精神医学』第2巻第1号,56-61.
  • 田中彰吾 (2001).「<フラットランド>批判としての身体論」『トランスパーソナル学研究』第4号,39-52.
  • 田中彰吾 (2000).「ボディワークとトランスパーソナル-身体の役割」『トランスパーソナル心理学/精神医学』第1巻第1号,35-39.

学位論文

  • 博士論文:「<意味のある偶然の一致>の現象学――ユング理論の再検討を中心に」2003年8月,東京工業大学
  • 修士論文:「ボディワークの身体論」,1999年1月,東京工業大学

翻訳

  • ステファン・コイファー,アントニー・チェメロ『現象学入門――新しい心の科学と哲学のために』田中彰吾・宮原克典訳,勁草書房,2018年
  • トーマス・フックス「現象学と精神病理学」田中彰吾訳,石原孝二・信原幸弘・糸川昌成編『精神医学の科学と哲学』所収,pp. 81-112,東京大学出版会,2016年
  • ダレン・ラングドリッジ『現象学的心理学への招待――理論から具体的技法まで』田中彰吾・渡辺恒夫・植田嘉好子訳,新曜社,2016年
  • ダレン・ラングドリッジ「セクシュアリティとシティズンシップ」田中彰吾訳,『文明』(東海大学文明研究所)第20号,pp. 51-56,2016年
  • トーマス・フックス,ハンネ・デ・イェーガー「エナクティヴな間主観性――参加的意味創造と相互編入」田中彰吾訳,石原孝二・稲原美苗編『共生のための障害の哲学-身体・語り・共同性をめぐって』UTCP Uehiro Booklet,No.2,pp.193-221,2013年

発表・講演

  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “On the concept of embodied knowledge” The Embodiment Conference 2020, Panel: Embodied ways of knowing. Online Conference, 2020年10月23日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「現象学の立場から:ポスト身体性認知としてのプロジェクション」,日本認知科学会第37回大会・オーガナイズドセッション「プロジェクション科学の基盤拡充を目指して」(オンライン開催),2020年9月19日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「間身体性から見た対面とオンラインの会話」,日本心理学会第84回大会・公募シンポジウム「ネットメディアの生態心理学」(オンライン開催),2020年9月8日(〜11月2日)
  • 講演,田中彰吾「身体性から考えるミニマル・セルフとナラティヴ・セルフ」,2020年度「顔・身体学」第2回心理班若手研究会(オンライン開催),2020年6月29日
  • 発表,田中彰吾「トランスカルチャー状況下における身体化された自己」,科学研究費助成事業・新学術領域研究「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」,第6回顔・身体学領域会議(オンライン開催),2020年6月13日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Intercorporeality and Aida: An alternative view of social understanding” International Society for East Asian Philosophy 2019 Conference, Symposium: Proposing new perspectives on “Intercorporeality” from East-Asian philosophical viewpoint. Meiji University, Japan, 2019年12月15日
  • 講演,田中彰吾「ポスト身体性認知としてのプロジェクション概念」,プロジェクションフォーラム・第9回定例研究会(青山学院大学),2019年11月30日
  • 講演,Shogo Tanaka. “On the normativity that emerges through embodied social interactions. Workshop on Embodiment, social interaction and normativity. Czech Academy of Sciences, Czech Republic, 2019年10月23日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「現象学的認知科学の可能性」,日本心理学会第83回大会・大会準備委員会企画シンポジウム「心理学と現象学-その関係の過去・現在・未来」(立命館大学),2019年9月13日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「身体性哲学からみるeスポーツ」,日本体育学会第70回大会・公開シンポジウム「テクノロジーの進化と体育・健康・スポーツ科学:eスポーツを題材に」(慶応大学),2019年9月11日
  • 発表,田中彰吾「ふり遊びとプロジェクション」,日本認知科学回第36回大会・オーガナイズドセッション「プロジェクションの理論とモデルへ向けて」(静岡大学),2019年9月7日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Motor learning and body schema/image distinction” Workshop: Radical Embodied Cognition. Rikkyo University, Japan, 2019年8月28日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Body image as a product of interactions between the self and the other. 38th International Human Science Research Conference, Symposium: Social Dimension of the Body Image. Molde University College, Norway, 2019年6月25日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「インヴァージョンと生命体の見方」,科研費助成事業「新学術領域研究:トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築」主催シンポジウム「インゴルドと「あいだ」」(立教大学),2019年3月24日
  • 講演,Shogo Tanaka. “A negative legacy of modernization: The mental disorder Taijin Kyofusho” 4th Dialogue between Civilizations, Tokai University European Center, Denmark, 2019年3月15日
  • 講演,田中彰吾「自己はどこまで脱身体化できるか?」,先導的人文学・社会科学研究推進事業「アイデンティティの内的多元性」・第1回公開シンポジウム「自己をめぐる冒険」(東京大学),2019年2月21日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “How to conceptualize consciousness?” 2nd meeting of Consciousness Research Network (CoRN 2019), Okazaki Conference Center, Japan. 2019年1月24日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Understanding the symptoms of Taijin Kyofusho from an embodied perspective” International Workshop on Philosophy of Psychiatry, The University of Tokyo, Japan. 2018年12月2日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「ナラティヴ・セルフの概念から考える質的研究」,日本質的心理学会第15回全国大会,公募シンポジウム「ナラティヴを通した他者理解」(名桜大学),2018年11月25日
  • 講演,田中彰吾「運動学習における身体イメージを再考する」,第19回認知神経リハビリテーション学会・特別講演(門真市文化会館),2018年9月29日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「現象学と現代心理学の界面」,日本心理学会第82回大会,公募シンポジウム「近代心理学と現象学」(仙台国際センター),2018年9月25日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Body, Self and the Other in Taijin Kyofusho” Conference: Time, the Body, and the Other, University of Heidelberg, Germany. 2018年9月13日
  • 発表,Shogo Tanaka. “What is subjectively experienced in full-body illusion experiments?” 24th World Congress of Philosophy, China National Convention Center, China. 2018年8月15日
  • 発表,Shogo Tanaka. “ ‘My body’ as a product of interactions between the self and the other” 37th International Human Science Research Conference, Wofford College, U.S.A. 2018年6月25日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Reconsidering the symptoms of Taijin Kyofusho from an embodied perspective” Special Seminar at the Department of Human Development and Psychology, Tzu Chi University, Taiwan. 2018年5月5日
  • 講演,Shogo Tanaka. “The lived body and motor learning: Refining Merleau-Ponty’s notion of body schema” Invited Lecture at the Department of Counseling & Clinical Psychology, National Dong-Hwa University, Taiwan. 2018年5月4日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Reconsidering the symptoms of Taijin Kyofusho from an embodied perspective” Invited Lecture at the Department of Psychology, National Taiwan University, Taiwan. 2018年5月3日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Body schema and body image in motor learning: Refining Merleau-Pontian notion of body schema” International Symposium: Body Schema and Body Image. The University of Tokyo, Japan. 2018年3月25日
  • 講演,田中彰吾「現象学的心理学と社会構築主義(Phenomenological psychology and social constructionism)」,国際シンポジウム「社会構築主義と臨床の現場」(東京大学),2018年3月21日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Exploring the symptoms of Taijin Kyofusho as an embodied experience” 3rd Dialogue between Civilizations. Symposium: Embodiment, Culture and the Self. Tokai University European Center, Denmark. 2018年3月8日
  • 講演,田中彰吾「20世紀人文思想における身体を振り返る」,東海大学文明研究所「20世紀人文学の方法論的再検討」・「超領域人文学構築に向けた基礎研究」合同研究会(東海大学),2018年2月24日
  • 講演,田中彰吾「身体とプロジェクション-錯覚から考える」,認知科学会・冬のシンポジウム2017(青山学院大学),2017年12月16日
  • 講演,田中彰吾「離人・現実感障害における自己と身体」,第47回心理学と精神医学の哲学研究会(PPP研究会)(東京大学),2017年11月26日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Taijin Kyofusho and the self in Japanese culture” 17th Biennial Conference of International Society for Theoretical Psychology. Workshop: Alternative Concepts of Self, Body and Mind from Contemporary Japanese Perspective. Rikkyo University, Japan. 2017年8月25日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Narrative self and its implications in human sciences” 17th Biennial Conference of International Society for Theoretical Psychology. Symposium: Focusing on the Narrative Self in Human Sciences. Rikkyo University, Japan. 2017年8月25日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Psychological experiments as a type of imaginative variation” 17th Biennial Conference of International Society for Theoretical Psychology. Symposium: Quest for New Methods in Phenomenological Psychology. Rikkyo University, Japan. 2017年8月24日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Bodily basis of subjectivity and intersubjectivity” 17th Biennial Conference of International Society for Theoretical Psychology. Symposium: Locating Bodily Borders of Individuality. Rikkyo University, Japan. 2017年8月22日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Self and body in Depersonalization/derealization disorder” Research Colloquium: Philosophy, Psychiatry, Psychosomatic. University of Heidelberg, Germany. 2017年6月28日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Depersonalization and full-body illusion: A comparative study of the sense of self” Symposium: From Body to Self in Virtual Reality. Interdisciplinary Center Herzliya, Israel. 2017年5月9日
  • 講演,Shogo Tanaka. “The Self in Japanese Culture from an Embodied Perspective” Special Lecture on Culture and Trauma. Tel Hai Academic College, Israel. 2017年5月4日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “The Body as the Intersection between Individuality and Collectivity” 2nd Civilization Dialogue between Europe and Japan. Symposium: Individuality-Collectivity and Culture. Tokai University European Center, Denmark. 2017年3月3日
  • 講演,Shogo Tanaka. “What is it like to be disconnected from the body? : A phenomenological account of depersonalization/derealization disorder” Kitchen Seminar at the Center for Cultural Psychology. Aalborg University, Denmark. 2017年2月22日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Perception and Sensation: A Reply to Tom Sparrow’s Text” Workshop: End of Phenomenology and Speculative Realism. Czech Academy of Science, Czech Republic. 2016年11月23日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Human Science and Phenomenology: An Introduction” Workshop: Human Science and Phenomenology—Reconsidering the Approach to Experiences of Others. Meiji University, Japan. 2016年7月30日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Reconsidering the Self in Japanese Culture from an Embodied Perspective” 31st International Congress of Psychology. Invited Symposium: An Integrative Study on the Concept of Self, Body and Mind. Pacifico Yokohama, Japan. 2016年7月28日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Embodiment and Interaction: Two Moments of Self-awareness” 31st International Congress of Psychology. Contributed Symposium: In Search of the Self. Pacifico Yokohama, Japan. 2016年7月27日
  • 発表,田中彰吾「ミニマル・ナラティヴ・インタラクティヴ-自己を考える3つの観点」,第11回自他表象研究会(広島大学),2016年7月3日
  • 発表,田中彰吾・長尾秀行「いいコミュニケーションは鏡うつし:身体の同期と同調に着目して間主観性を可視化する」,日本感性工学会第11回春季大会(神戸国際会議場),2016年3月27日
  • 講演,田中彰吾「道徳へのミニマルなアプローチ」,道徳心理学コロキアム・第8回ワークショップ(東京大学),2016年3月15日
  • 発表,田中彰吾「自己の身体と他者の身体」,第6回自他表象研究会(東京大学),2016年2月17日
  • 発表,田中彰吾「他者感の概念について」,第2回自他表象研究会(東京大学),2015年11月21日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Reconsidering the Self in Japanese Culture from an Embodied Perspective” 1st Civilization Dialogue between Europe and Japan. Symposium: East-West Dialogue through the Body. Tokai University European Center, Denmark. 2015年11月14日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「他者感へのエンボディード・アプローチ」,日本心理学会第79回大会,公募シンポジウム「他者感へのエンボディード・アプローチ」(名古屋国際会議場),2015年9月22日
  • 講演,田中彰吾「他者理解を身体化する」,京都カンファレンス2015「拡張した心を超えて-異邦の身体、人形、女の魂、東洋の精髄」(京都大学),2015年6月20日
  • 講演,田中彰吾「身体性から考える自己と他者」,第8回臨床精神科リハビリテーション研究会(神戸学院大学),2014年11月29日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Phenomenological Reconsideration of the Theory of Mind” 日本心理学会第78回大会,公募シンポジウム「Social Cognition and Phenomenology」(同志社大学),2014年9月12日
  • 発表,Shogo Tanaka. “Social Understanding as a Creation: Intercorporeality and Aida” The 39th Annual Conference of the International Merleau-Ponty Circle. University of Geneva, Switzerland. 2014年8月30日
  • 講演,田中彰吾「現象学と心の科学-他者理解の問題を中心に」,第72回心の科学の基礎論研究会(明治大学),2014年7月19日
  • 講演,Shogo Tanaka. “The body-as-object and its related issues in social cognition” Research Colloquium: Philosophy Meets Cognitive Science. Ruhr-University Bochum, Germany. 2014年2月6日
  • 講演,Shogo Tanaka. “Body-as-object and the social cognition” Research Colloquium at the Center for Psychosocial Medicine. University of Heidelberg, Germany. 2013年12月17日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Creation between two minded-bodies” Workshop: Socializing (with) the Embodied Mind. Rikkyo University, Japan. 2013年9月24日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「自己へのエンボディード・アプローチ」,日本心理学会第77回大会,公募シンポジウム「自己へのエンボディード・アプローチ」(札幌コンベンションセンター),2013年9月20日
  • 発表,Shogo Tanaka. “Creation between two bodies: Intercorporeality re-visited” The 32nd International Human Science Research Conference. Aalborg University, Denmark. 2013年8月15日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “Intersubjective Dimension of the Body: An introduction” Workshop: Intersubjective Dimension of the Body. Tokai University, Japan. 2013年7月21日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「共感覚について-メルロ=ポンティの視座から」,日本感性工学会第8回春季大会,感性哲学部会ワークショップ「身体から感性を考える」(北九州国際会議場),2013年3月7日
  • 発表,田中彰吾「身体意識と自己意識-D・ルグランの身体論」,身心文化論研究会(広島大学),2012年12月26日
  • 発表,田中彰吾「描画コミュニケーション実習に関する予備調査:実験のデザインに向けて」日本認知科学会第29回大会(仙台国際センター),2012年12月14日
  • 発表,田中彰吾「間主観性領域における身体知の機能を解明する現象学的・実験的研究」東海大学産学連携フェア2012(東海大学),2012年12月6日
  • 発表(シンポジウム),Shogo Tanaka. “The Notion of Intercorporeality and its Psychology” Workshop: Embodiment and Intersubjectivity. Tokai University, Japan. 2012年10月7日
  • 講演,田中彰吾「身体知の概念とその射程」,人工知能学会主催・第13回身体知研究会(北陸先端科学技術大学院大学),2012年9月15日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「身体知の現象学と心理学」,日本質的心理学会第9回大会,会員企画シンポジウム「質的心理学としての現象学」(東京都市大学),2012年9月2日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「身体知の哲学」,日本体育学会第63回大会,体育哲学部会シンポジウム「身体知研究の現在-身体教育の可能性を探る」(東海大学),2012年8月24日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「知の主体としての身体」,身体教育研究会主催シンポジウム「身体知研究の諸相」(明治大学),2012年3月22日
  • 発表,田中彰吾「描画コミュニケーション実験に関する予備調査報告」,2011年度第3回身体知研究会(東海大学),2012年3月10日
  • 講演,田中彰吾「絵画を見る経験をめぐって」,2011年度後期ユング心理学研究会・テーマ「芸術のことば」(東京大学),2011年12月1日
  • 発表,田中彰吾「自己の身体についての神経現象学的考察-ラバーハンド錯覚と離人症の対比」,日本心理学会第75回大会(日本大学),2011年9月16日
  • 発表, Shogo Tanaka & Masahiro Tamachi. “A Phenomenological View of the Theory of Mind” The 30th International Human Science Research Conference. University of Oxford, United Kingdom. 2011年7月28日
  • 発表,田中彰吾「他者理解の科学と現象学-心の理論から間身体性へ」,2010年度第3回身体知研究会(東海大学),2011年2月26日
  • 講演,田中彰吾「身体知の形成過程-ジャグリング学習を題材として」,2010年度第2回 Workshop of Sports Biomechanics(東海大学),2010年12月3日
  • 発表,田中彰吾「身体図式と身体イメージの区別-その現象学的考察」,日本心理学会第74回大会(大阪大学),2010年9月21日
  • 講演(招待),田中彰吾「身体知における心と身体」,第61回心の科学の基礎論研究会(明治大学),2010年7月17日
  • 発表,田中彰吾「ラバーハンド錯覚を考える」,2010年度第1回身体知研究会(東海大学),2010年5月29日
  • 発表,田中彰吾・小河原慶太「身体知はどのように形成されるか-ボールジャグリングの習得過程」,2009年度第2回身体知研究会(東海大学),2009年10月24日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「身体知としてのアフォーダンスと学校空間論」,日本教育学会第68回大会,ラウンドテーブル「学校空間の考察(第4回)」(東京大学),2009年8月29日
  • 発表,田中彰吾「身体に宿る知性」,2009年度第1回身体知研究会(東海大学),2009年5月30日
  • 発表,Shogo Tanaka. “The Notion of Embodied Knowledge and its Range” International Society for Theoretical Psychology, 13th Biennial Conference. Nanjing Normal University, China. 2009年5月15日
  • 発表,小河原慶太・田中彰吾「身体知の形成過程に関する実験的研究-ボールジャグリングの習得過程」日本スポーツ方法学会第20回大会(東海大学),2009年3月15日
  • 発表,田中彰吾・小河原慶太「身体知研究のための基礎的考察-ジャグリングを題材として」,人体科学フォーラム2008(関西大学),2008年11月23日
  • 発表,田中彰吾「空間象徴の基礎づけのための理論的考察-身体性の観点から」,日本心理学会第71回大会(東洋大学),2006年9月18日
  • 講演,田中彰吾「生きられた空間の意味論」,2006年度第3回VALDESフォーラム(東京工業大学),2006年6月28日
  • 発表,田中彰吾「<科学の知>と科学的世界観の問題性」,リベラルアーツ研究会(東海大学),2005年8月5日
  • 発表,田中彰吾「カフェと茶会-哲学の新たな可能性」,臨床感性教育研究会(青山学院大学),2005年3月26日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「湯浅泰雄『身体論』を読む(第3章)」,人体科学会第14回大会,公開シンポジウム「湯浅泰雄『身体論』を読む」(桜美林大学),2004年12月5日
  • 発表,田中彰吾・黒川五郎「ティー・セラピーに基づくウインド・クロッシングの臨床教育への応用」,日本カウンセリング学会第37回大会(明治学院大学),2004年9月19日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「身体論から見た授業空間」,日本教育学会第63回大会,ラウンドテーブル「学校空間の考察(第1回)」(北海学園大学),2004年8月27日
  • 発表,黒川五郎・田中彰吾「ウインド・クロッシングの臨床教育への応用」,日本記号学会第24回大会(京都精華大学),2004年5月16日
  • 発表,田中彰吾「トランスパーソナル心理学と超心理学の接点」,2003年度第9回メタ超心理学研究会(明治大学),2004年3月6日
  • 発表,田中彰吾「共時性(シンクロニシティ)の意味論」,2003年度第6回メタ超心理学研究会(明治大学),2003年10月25日
  • 発表,田中彰吾「色彩・共感覚・メタファー-色彩の根源性について」,臨床感性教育研究会(青山学院大学),2002年11月30日
  • 発表,田中彰吾「C・G・ユングの共時性に関する一考察(2)」,日本トランスパーソナル心理学/精神医学会第4回大会(立命館大学),2002年11月23日
  • 発表,田中彰吾「C・G・ユングの共時性に関する一考察(1)」,日本トランスパーソナル心理学/精神医学会第3回大会(駒沢大学),2001年9月9日
  • 発表(シンポジウム),田中彰吾「現代思想としてのケン・ウィルバー-ポストモダニズムを超える思想」,日本トランスパーソナル心理学/精神医学会,第3回公開シンポジウム「わが国におけるトランスパーソナル心理学/精神医学の未来」(東京医科大学),2001年4月14日
  • 発表,田中彰吾「ボディワークの身体論-トランスパーソナルの入口としての身体」,日本トランスパーソナル心理学/精神医学会第1回大会(東京医科大学),1999年5月22日